スマホを縦位置にして、
Webサイトをお楽しみください

Design connects everything

アリアフィーナのウェブサイトでは、ダークモードとライトモードを切り替えてご覧いただけます。

LIGHT

DARK

BRAND STORYDesign
connects
everything

NEXT
PREV

LIGHT

DARK

PHILOSOPHY

PHILOSOPHY

PHILOSOPHY

ARIAFINA ’SPhilosophy

Design is the soul of objects,
not their “dress”.

ファブリツィオ・クリサ

アリアフィーナ・クリエイティブディレクター

アリアフィーナのロゴの由来

ARIAFINA(アリアフィーナ)とは、イタリア語のARIA(英語でAIR)とFINA(英語でFINE)の2つのワードで構成された名前です。レンジフードからはじまったブランドとして、澄んだ美しい空気を日々の生活の中にお届けしていきたいという思いが込められています。

ARIAFINAのマークは、富士工業とエリカの2社が力を合せて新しい世界を築いていく象徴として「朝日の中を飛び立つ鳥」を表現しています。
希望を表す鳥、そして一日のはじまりである朝日を表す円。ARIAFINAは、常に新しい誕生と飛躍を繰り返し、これからも進化していきます。

MISSION

ARIAFINA ’SMission

イタリアンデザインと、
日本のクラフトマンシップの融合が生み出す
ARIAFINAのブランドミッション。

になり生活様式の多様化が進み、海外のカルチャーをライフスタイルに取り入れる人々が増えてきました。その結果、日本でも、インテリアにデザイン性が求められるようになりました。
私たちARIAFINA(アリアフィーナ)は、そのようなニーズにお応えするために生まれたハイエンド・アプライアンス・ブランドです。

イタリアの「エリカ社」の感性と、確かな技術で実用性と機能性を追求する「富士工業」のテクノロジーとクラフトマンシップ。その融合が生み出す、他にはないARIAFINAのプロダクトは、プレミアムな住宅設備機器マーケットで確かな地位を築いています。今後はレンジフード、IH(インダクションホブ)をはじめ、さまざまなプロダクトをご提供し、ライフスタイル空間をプロデュースしていきます。

私たちARIAFINAは、デザインの力を信じ、研ぎ澄まされた感性と真似のできない技術により、驚きと感動に満ちた毎日をお届けできるよう、これからもさらなる進化を遂げていきます。

ARIAFINA ’SBrand Elements

心を動かす美しさ、毎日使える実用性、
そして職人による熟練の技。
ARIAFINAを構成する3つの指標。

DESIGN

DESIGN

のすべてのプロダクトには、独自のストーリーがあり、過去と未来を見据えたビジョンが組み込まれています。
プロダクトのデザインとは、複雑な考察とディテールへの情熱を重ねた結果として生み出される、もっともシンプルな表現です。現在できうるすべてを思考し、未来を想像し、永遠の価値をつくる。
それが、私たちの考えるデザインです。

TECHNOLOGY

TECHNOLOGY

その課題に挑み続けることが、ARIAFINAの先端技術に取り組む意義です。私たちは人と機器をデザインでつなぐことを第一に考え、ストレスなく簡単にお手入れができる「ななめファンユニット」や「ワンタッチ脱着ファン」など、人に寄り添う機能を搭載。使う人のための実用性を追求し続けています。

QUALITY

QUALITY

の特長である美しいステンレスのヘアラインは、福島の白河工場で熟練の職人が一つひとつ丁寧に溶接・研磨することで生まれます。機械による精密な加工技術と、職人の技の融合。それこそが、長年にわたり高品質を保ち続けている理由です。私たちが手作りにこだわるのは、最高の品質でお客様にお届けするARIAFINAの約束の証なのです。

BRAND
MOVIE

BRAND MOVIE

FUTURE

ARIAFINA ’SHistory

イタリアンデザインとジャパンクオリティの
希有なる融合


「最高のレンジフードを一緒につくりたい」。富士工業の当時の社長 柏村桂一のもとに、エリカ社の会長カゾリからかかってきた1本の電話がすべてのはじまりだった。お互いの経営理念である「人」のつながりを大切にするマインドと、“ものづくり”への情熱に惹かれ合い、長きにわたる強い絆と友情が生まれた。

since 1941Fuji Industrial co., ltd.

1941年の創業以来、80年にわたってものづくりにこだわり、確かな品質と技術で、レンジフードの分野で日本のトップシェアを誇る企業にまで成長。現在も躍進を続けている。

1941
株式会社マイカ工業所を神奈川県川崎市に設立
創業者 近藤佳司
1947
商号を富士工業株式会社に変更

since 1970Elica S.p.A.

1971年に、イタリア中部のマルケ州ファブリアーノで設立。高いデザイン性の製品を次々と生み出し、イタリアを拠点に、ポーランド、メキシコ、インド、中国に工場を構え、グローバルに展開している。

1970
エルマンノ・カゾリがファブリアーノにて
Elica S.p.Aを設立

since 2002Ariafina

[左図]
アリアフィーナ創業時の
柏村桂一(富士工業 前社長)と
フランチェスコ・カゾリ(エリカ社 会長)
[右図]
エリカ社と富士工業の協業を伝える当時の新聞記事

それぞれが長い歴史を育んできた富士工業とエリカ社。 「デザイン・品質ともに最高のレンジフードをつくる」という信念のもと、優れたイタリアンデザインと確かなジャパンクオリティという稀有なコラボレーションとして、ARIAFINAが誕生した。

1本の電話からはじまった友情は、現社長の柏村浩介に引き継がれた。イタリアと日本という9,000km以上離れた土地で活躍する両社の間には、今もなお距離を越えた深い絆がある。それは時が経つほどに熟成し、刺激しあい、お互いを高め合う関係へと進化し、他にはない製品を生み出し続けている。

ESTABLISHED

2002

2003,
2004

2006

2008

2011

2012

2019

2020

TOWARDS THE FUTURE